FRIENDLY FIRES (UK)


インディ・ダンス・ロック界の最高峰「FRIENDLY FIRES」。

イギリス出身のエド・マック(Vocal,Bass)、ジャック・サヴィッジ(Drums)、エド・ギブソン(Guitar)の3人組。

2007年にリリースされたシングル”Paris”が、Guardian、NME、BBC Radio 1において”Single of The Week”に取り上げられる。2008年にファースト・アルバム『FRIENDLY FIRES』をリリース。英国で最も名誉あるミュージック・アワードと評される「Mercury Prize」にノミネートされ、英TV局ITVの人気アート・カルチャー番組「South Bank Show」では”Best Breakthrough Award”を、NMEでは”Best Dancefloor Filler”をそれぞれ受賞。NMEアワード・ツアーへの出演も果たし、英音楽フェス「Camp Bestival 2010」では堂々のメイン・ステージ大トリを務めるなど、デビュー時から大きな成功をおさめる。その後もグッチへの楽曲提供や新進気鋭のハウス・グループ、Azari & IIIとコラボしてミックスCDをリリースするなど、他のバンドとは一線を画す存在に。2011年に待望のセカンド・アルバム『PALA』をリリース。全英初登場6位を記録。ダンス・ロックの金字塔的作品として世界中で称賛を浴び、NMEなど多くのメディアで年間ベスト・アルバムにノミネートされる。

昨年2月の来日公演はアルバム・リリース前にも関わらず即日ソールド・アウト!サマソニ2011ではベスト・アクトの呼び声も高い圧巻のパフォーマンスを披露し、大観衆を熱狂の渦に巻き込んだ。今夏のロンドン五輪を祝うオフィシャル野外イベントでもヘッドライナーを飾ったFRIENDLY FIRES。ダンスとロックの垣根を超えて世界を席巻する彼らの楽曲とライヴは、まさに夏の野外向き!今から待ちきれません!

http://www.wearefriendlyfires.com/