DJ KRUSH (JP)


1962年東京生まれ、サウンドクリエーター/DJ。選曲・ミキシングに於いて抜群のセンスを持ち、サウンドプロダクションに於ける才能が、海外のクラブ・シーンでも高く評価されている。1980年代初頭に公開された映画『ワイルド・スタイル』に衝撃を受け、ヒップホップに足を踏み入れる。1987年に「KRUSH POSSE」を結成。日本を代表する実力派ヒップホップ・チームとして様々なメディアで活躍。

1992年の解散後はソロ活動を精力的に行い、日本で初めてターンテーブルを楽器として操るDJとして注目を浴びる。1994年に1stアルバム『KRUSH』をリリース。その後も、日本、ヨーロッパ、アメリカを中心に世界各地で多数の作品を発表。ソロ作品はいずれも国内外の様々なチャートの上位にランクインし、6thアルバム『漸-ZEN-』は、”インディーズのグラミー賞”といわれるアメリカのAFIMアワードにおいて、特に芸術性の高い作品に贈られる”ベスト エレクトロニカ アルバム 2001”最優秀賞を獲得。2004年にリリースした8thアルバム『寂』では、CMJ(全米カレッジラジオ)RPMチャート(エレクトロニック系)で3週連続1位を獲得。2006年には自身による初のセルフリミックス・ベストアルバム『STEPPING STONES』〈lyricism〉と〈soundscapes〉を2枚同時リリースし、各方面から高い評価を得る。また2007年には、これまでの12年間の足跡を記録したドキュメンタリーDVD BOX『吹毛常磨』(すいもうつねにます)もリリースしている。

プロデューサー、リミキサー、DJとして国際的な活動を展開しながら、映画、ドラマ、CMの音楽制作など幅広く活躍。これまでに、グラミー・アーティストであるブラック・ソート(THE ROOTS)のソロ・アルバムへの楽曲提供、同じく、ハービー・ハンコックやk.d.ラングといった、グラミー・アーティストの楽曲リミックスなど、ジャンルを越えて様々なアーティストとのコラボレーションを重ね、2009年には、ロシア全土で公開となったアニメ映画『FIRST SQUAD』の音楽全般を担当。同年のモスクワ映画祭に出展され、見事にコメルサント(Kommersant)新聞賞を受賞した。

また、その他の活動として、1998年よりDJ HIDE、DJ SAKを率いて、プロデューサー・ユニット「流 -RYU-」を結成。アフリカン・パーカッショニストとコラボレートするなど、斬新な活動を展開。2000年末からは、21世紀に向けて発足した「JAG PROJECT」に参加し、2005年に同プロジェクト主宰でリリースされたコンピレーション・アルバム『AFRICAN JAG vol.1』にも楽曲提供を行う。そして2009年からは、ビル・ラズウェルが主宰するプロジェクト「METHOD OF DEFIANCE」に参加し、バニー・ウォーレルや近藤等則らと共にメンバーの一員として、モントルー・ジャズ・フェスティバルへの出演等を経て、2010年には同プロジェクト名義のアルバム『Incunabula』にも参加。尚、同作品にはあのハービー・ハンコックも参加者として名を連ねている。

2011年には、自身の本格的なソロ活動20周年を迎え、東京での20周年キックオフイベントを皮切りに、毎月のマンスリー・シングルのリリース(現在進行中/2012年6月終了予定)や、世界16カ国での20周年ワールドツアーの敢行など、世界を舞台に多角的かつ精力的な動きは止まる所を知らない。

現在までに、全50ヶ国、313都市、延べ500万人以上のオーディエンスを魅了。国境を越えて多岐に渡り高い評価を得続けるインターナショナル・アーティストとして、今も尚、しっかりと独自の軌跡を残し続けている。

http://www.sus81.jp/djkrush/