DJ SODEYAMA (JP)


多角的視点からのテクノ/ハウス・ミュージックを軸とし、彼ならではのテクニックとスタイルで独自の世界を創りあげるDJ/トラックメーカー。2006年に発表したファースト・アルバム『Metal Heart』は様々なダンスミュージックを完全網羅した内容で各方面から注目を集めた。その後、MARCO CAROLAのリリースで知られている<ZENIT>と契約。3枚のEPを立て続けにリリースし世界中のDJ達がプレイ。2007年にはセカンド・アルバム『DUAL』をリリース。2008年には自身のデジタル・レーベル<NO:MORE REC>より、日本人クリエーター総勢14名によるREMIX ALBUM『The:remix』をリリースし、アルバム・リリースツアーとしてベルリンツアーも行い成功を収めた。その後カナダの<ARCHIPEL>からリリースされた『NOW IS THE TIME』がLAURENT GARNIER、LUCIANO、MATHIAS KADEN、NICK CURLY、GLIMPSE等にプレイ・サポートされる。このリリースをきっかけに、2009年6月にはカナダにてツアーを敢行。2010年4月にリリースした12インチ・シングル”ONE TIME”では、重心の低いテクノ・トラックを展開。更に深化したサウンドデザインとクオリティーで一線を画する存在に。2011年には世界最大手ダンスミュージック・ディストリビューター「wordandsound」配給のもと、自身の新レーベル<ARPA RECORDS>(アナログ&デジタル)を立ち上げる。第1弾リリース「DJ SODEYAMA / MILES」はNICK CURLYがリミックスを務め、LOCO DICE、JOSH WINK、DUBFIREをはじめとした世界中のDJ達にプレイされる。第2弾以降も、GLIMPSE、RADIO SLAVE、TIM XAVIER等の強力なリミキサーを迎えた内容で注目を集め、早くも日本が世界に誇るレーベルの一つになろうとしている。また同時に、レーベル、アーティスト、DJ、クラブが連動した日本では数少ないレーベルショーケース「ARPA showcase」をWOMBにてレギュラー開催中。地方でも積極的にショーケースを開催するほか、日本最大の屋内レイヴ「WIRE」には二年連続で出演。韓国、台北、北京、オーストリア、ドイツ、ギリシャ、カナダ等でもツアーを敢行するなど、ワールドワイドに活躍している。

http://www.arparecords.com/