RUB N TUG (US / UK)


NYを拠点に世界のダンスミュージック・シーンに多大な影響を及ぼし続けているEric D. aka Dr. DunksとThomas Bullockの二人によるDJ/プロダクション・チーム「Rub ‘N’ Tug」。現在のアンダーグラウンド・ディスコ~ハウス・シーンにおける世界最高峰のデュオである。

NY随一のDJ兼パーティー男であり、House of HouseのOlivier Spencerとのユニット「Still Going」や、Oliver Spencer、DJ Spunと組んだトリオ「How & Why?」としてNu Discoシーンを牽引するDr. DunksことEric Duncanと、Tonka Hi FiやWickedのリーディング・メンバーであり、リヴィング・レジェンドDJ Harveyとのユニット「Map Of Africa」、また2000年代初めに興ったエレクトロ・クラッシュ・ムーヴメントの先駆けでもある「A.R.E. Weapons」や、Laughing Light Of Plenty、Welcome Strangerとしての活動でも著名なThomas Bullock(現在はLondon在住)は、「Rub N Tug」結成後、Ericの畏友Aaron BondaroffがSupremeから独立して立ち上げたストリート・ファッション・ブランドaNYthingのプロモーション・アイテムとしてミックスCDを制作。aNYthingからは2006年に2枚目のミックスCD『Better with A Spoonful of Leather』をリリースし、どちらも人気かつ入手困難なアイテムとなる。

ブルックリンやチャイナタウンの倉庫や廃墟でウェアハウス・パーティーを主催するとともに、チェルシーのバーPasserbyでCampfireと名付けたレギュラー・パーティーを開催。2005年には同パーティーの名を冠したピクチャー盤12インチ、2枚組12インチ、およびミックスCD『Rub N Tug Present Campfire』をEskimoより発表。Rub N Tug初のオフィシャル・リリースとなったこの作品で一躍世界的な存在になる。また同年、Beastie Boysの’Open Letter To NYC’とSteve Miller Bandの’Macho City’をマッシュ・アップした’Open Letter To NYC’ (Rub N Tug’s Macho Mix)のブートレグ盤12インチをリリース(カタログ・ナンバーRNT01)。NYのパーティー・シーンではオリジナル・バージョンを遥かに超える人気アンセムとなるほか、Lcd Sound Systemや!!! (chk chk chk)などのリミックスも手掛けている。さらに、ロンドンのNo.1クラブFabricの大人気DJミックス・シリーズにも起用され『Fabric 30 – Rub N Tug』を発表。ダンスミュージック・シーンでの地位を不動のものとした。最近では、Resident Advisorのポッドキャスト・シリーズ(RA.207)やTim SweeneyのBeats In Spaceにも登場するなど、その人気と実力は衰えることを知らない。

オリジナル・フルアルバムからの先行2trk EPとして昨年リリースされた”Scanners / All 4 U”は爆発的ヒットを記録。またソロの活動として、Thomas Bullockは、前述のプロジェクトのほかにOtterman Empire名義でのリエディットやRene Perezとのユニット「Bobbie Marie」の作品を<Whatever We Want Records>からリリースし、自身主宰の<STD Records>を今年ローンチした。Eric Duncanは、クオリティ・エディット・レーベル<C.O.M.B.i.>とそのインプリントである<Keep It Cheap>を立ち上げ、傑作リエディットを多数発表している。

http://www.rub-n-tug.com/